だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

インタビュー

F1キンダーガーデンに琢磨のインタビューが載ってます。

(ちなみに、バルセロナテスト2日目は井出さんがドライブしてるようです)



4カ月ぶりのF1 AS05で初めてサーキットを走った琢磨に聞く 2006.2.22

2月14日にイギリスの空港の片隅で転がして、動態チェックを行なったAS05。そこで問題なく動くことを確認して、SUPER AGURI FORMULA 1は、いよいよバルセロナの合同テストで公式な場に姿を見せた。テスト初日の21日は、9時のコースオープンから1時間半が経過した10時30分を過ぎたところでコースイン。1周のインステレーションラップは問題なくこなしたが、その後、油圧の低下でコースに立ち往生。修復して再び走り始めるも、突然の雨で、AS05が走れたのは、琢磨のみの僅か8周だけだった。決して満足な周回がこなせたわけではなかったが、琢磨はサバサバした表情だった。

--4カ月ぶりのF1はいかがでした?
琢磨
 シェイクダウンを先週無事に終わって、スケジュールどおりにバルセロナに来れたこと自体、凄いことだと思います。その前に、ボクたちがここにいるとこが、チームが素晴らしい仕事をしたということだと思います。今日に限って言えば、油圧系のトラブルが出て連続走行ができなかったですが、またまだ始まったばかりなので、これから開幕に向けて、時間はないですが、少しずつ準備していきたいなと思った第一日でした。

--最初にコースに出て行く時は、特別な気持ちがありましたか?
琢磨
 ありましたね。F1に乗れて嬉しい、というのは当然ありましたが、それ以上に、短い時間でチームを立ち上げて、スタッフ全員でクルマを作ってきた仕事が報われた、ということで、コースに入っていく時に、彼等の気持ちを考えて一番嬉しかったですね。それはシェイクダウンの時も感じたけれど、昨日も凄く遅かったですが、みんな徹夜でクルマを作って、週末もなくやってきましたから。

--今日は周回数も少ない(ドライで3周、ウェットで5周の合計8周)ですが、クルマとエンジンの感触はどうですか?
琢磨
 V8は初めて乗りましたが、去年から開発していて、今シーズンのテストでホンダもかなり走っていますから、エンジン自体は問題ないですね。とにかくオリジナルが4年前に作られたアロウズのシャシーを使ってリビルトして、今年のレギュレーションに合わせたパッケージングをまだ入れてない状態です。V8エンジンを積んで走るだけで大変です。今日は、車体とのフィッティングの問題で、最初から油圧がおかしかったんで、もう少し走り込まないと感触としてはなんともいえないですが、これまでとは大分ちがいますね。

--最初に1周、確認のために走ったインスタレーションの時から油圧の問題があったのですか?
琢磨
 インスタレーションの時はなかったし、イギリスの空港で先週やったシェイクダウンの時も、ほとんどトラブルがありませんでした。簡単なシステムチェックとか、配線が正常かどうかの確認や、シンクロナイゼーションをやってここに持ち込んだんですが、今日はちょっとトラブルが出てしまいました。

--インステレーションの1周の間、何を考えて、ピットとはどんな話をしたんですか?
琢磨
 無線がトラブっていて、ピットからの声は聞えるんですが、こちらからはうまく発信できなくて。シェイクダウンの時に、うまく走ることは確認出来ているんで、“わ、走った!”というのは今日はもうなかったですね。今日は、クルマとしてはもちろん、タイヤも(去年のミシュランから)ブリヂストンになって、サーキットで走るのは初めてだったので、エンジンのつき方、ドライバビリティとか、スロットルマップとか、そういうのがどんな感じなのか、ブレーキやステアリングのフィーリングがどんな感じなのかをチェックしました。シート合わせも、ファクトリーベースでやってきただけで、ヘッドレストもオリジナルのままだし、これから、まだまだやらなきゃいけないですが、それをチェックしました。

--シェイクダウンの時と違って、ちゃんとしたコースを初めて走ったわけですが、出て行った瞬間、何か感じましたか?
琢磨
 それは、経験のあるスタッフもいるし、疑ってはいませんでしたね。それより、とにかく、“ここまで来た”と言うことに対して、チームには大きな拍手を送りたいですね。

--契約がきまるまで時間がかかりましたが、どんな気持ちでしたか?
琢磨
 ボクは、このチームで走ることを決めていましたから、チーム自体のエントリーも遅れたし、契約はきちんとやらなければならないので時間がかかりました。1月に入ってから、細かいツメをやってきましたが、心配はしていませんでした。それより、エントリーが遅れたことによって、バーレーンに行くまでの時間がどんどん短くなるんで、プログラム通りに進むかどうか、という心配はありました。ファクトリーに行ったり、エンジニアと話をして、順調だと聞いていたんで、ファクトリーに行く度に、形になっていくので、楽しみにしていました。

--オリジナルシャシーが古いこのクルマで、どのくらいのものを期待したらいいのか、見ている方も難しいと思いますが、ドライブする側として、どのくらい辛いと考えていますか?
琢磨
 う~ん、相当厳しいと思っています。もちろん、悲観的にはなりたくないんですが、いきなりコンペティティブな走りをするのは難しいと思っています。まだ、2006年のパッケージでは走っていないので、なんとも言えないですが、オリジナルが4年前の設計ですから、相当苦しいと思います。ただ、僅か3カ月という短期間でチームを作ってクルマを作ってバーレーンに行く、という意味では、車検を通って、グリッドにつく、というのが最初の目標ですから。チームも新しいので、そこからいろんなことを学ばなければいけないし、ヨーロッパラウンドの最初の頃までは、大変ハードになると思います。そこできちんと基礎を学んで、新車が投入された時に、思い切り勝負していきたいと思います。

--新しいチームに、どういう形で貢献していけると思いますか?
琢磨
 もう、すべてですね。コクピットの仕事は今まで通りやっていかなければならないし、こういう方向がいいんじゃないかとか、深いところまで、ディスカッションしていきたいです。ボクも彼等が必要だし、彼らもボクが必要だし。3シーズン、レースドライバーとして戦ってきたことと、1シーズンをテストドライバーとしてやってきた4年間をきっちりいい形でチームをサポートしていきたいです。このチームはいろんなところからメンバーが集ってきて、いろんなアイデアがあって、どうすればここに到達できるかが分かっていて、後は時間とリソース、それからバジェットも必要だけれど、うまく組み合わせて一番効率がいい形でやって行くための協力をしていきたいです。

--チームの規模とか、イギリスでF3を走っていた時に似ていませんか?
琢磨
 ええ、本当に、大きなF3チームと言う感じがします、いい意味でね。純粋なレーシングチームでね。レース好き集団が集って、各パートは本当に小さい。で、今ではスタッフは90人くらいになっていますが、それでも他のチームに較べたら小さいですが、反対に、だから、ファクトリーのフロアも吹き抜けで、デザイナーもマーケティングも同じところにいて、ひとつのところでやっている。そういう意味ではおっきなF3チームみたいな感じです。大変だけれど一歩ずつやっていって、チーム自体の雰囲気はいいですね。

--そのウェアは、いつからですか?
琢磨
 今日初めて着ました。まだ、暫定だと思いますが。

--悪くないですよ(笑)。ところで、井出選手と組むことになりました。どんな印象をもっていますか?
琢磨
 一緒にレースをしたことはないけれど、埼玉の秋ケ瀬でゴーカートを始めた時、井出選手も走っていて、“プロドライバーが走っているな”ということで、覚えています。それがF1で日本人のチームでやっていけるということは素晴らしいことだと思います。ボクらでさえテストできない状態の中で、コースを覚えなければいけないし、F1も初めてだし、大変だと思いますが、できる限り、ボクがサポートできることはしていきたいし、一緒にテストをガンガンやってクルマとチームを作っていきたいです。ファクトリーでも数回会っているし、今回も一緒だし。これから、ボク自信も慣れなきゃいけないので、自分のことで手一杯ですが、時間がたてば、機能していくと思います。

--新しいクルマについてはどうですか?
琢磨
 それはマーク(プレストン)に聞かなければ分かりませんが、次のシルバーストンのテストでは、バーレーンに持っていくパッケージだし、その後の開発状況は、もっと先の話ですから。ただ、新車になる時は全部一新されるので、今使っているものを引き継ぐことはないと思います。

--その後に出てくる06という言い方をしていますね。並行に作っていくのですか?
琢磨
 そうだと思います。05自体は、もっているもの自体が(古くて)限界があるんで。

--始めてV8に乗って、トルクがないとか感じましたか?
琢磨
 それはしょうがないですね。排気量も小さいし、シリンダー数も減っているんで。でも、よくここまで合わせていると思います。もちろん、もっとモアパワーはほしいですが、振動もそんなに気にならないし、問題ないと思います。

--V8になると、エンジンの回転数が下がってしまうとリカバリーが大変と思いますが。
琢磨
 まだそこまでは分からないですが何しろ、今日は計測周1周ですから。エンジンに関しては、そんなに思いませんが、それより、いかにタイヤをうまく使うか、ということでシャシーですね。そっちが大変と思います。

--どことなくスリムになった感じがしますが、冬の間、かなりトレーニングをしたのですか?
琢磨
 できることはやってきましたけど、クルマに乗るのと違うんで。

--子育てでやつれたとか。夜寝られなくて(笑)。
琢磨
 (笑)。子育てと、トレーニングに明け暮れましたからね。

--来週(の新しい空力パーツを付けたシルバーストン)は1日だけとのことなので、明日、充分走れるといいですね。
琢磨
 はっきり言って(シルバーストンは)シェイクダウンなので。

--明日は、午後の担当ですか?
琢磨
 これからミーティングをして決めます。

--ちゃんと走るレベルになるまでが大変ですからね。そこまであと3日しかないですが、頑張ってください。
琢磨
 新しい挑戦なので、やっていきます。

[PR]
by akaneko-30aug | 2006-02-22 23:04 | F1