だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ドイツGP・決勝

久々のホッケンハイムです。

結果はこちら




タイヤ選択は様々。top3台はハードタイヤ。

ハミルトンが好スタート。ライコネンは順位落とす。
ベッテルがウェバーを抜く。
クビサがヤルノとアロンソをオーバーテイク。
2周目、ケロたんが加速の鈍った一貴を抜く。
3周目、クルサードがニコを抜く。
4周目、アロンソはヤルノを抜くのに失敗し、ライコネンに抜かれてしまう。
5周目、ヤルノ、ライコネン、アロンソ、ベッテル、ウェバーの5台が接戦。
6周目、ハミルトンとマッサは5秒差。
8周目、バトン、クルサード、ニコが接戦。

11周目、ケロたんと一貴が接戦。
ハミルトンとマッサの差は7秒。
ヤルノ、ライコネン、アロンソが等間隔で走行。
14周目、クルサードがバトンを抜く。ニコが後ろに接近。
コバライネンのタイムモニターが動かない。
16周目、スーティルがフィジコを抜く。
18周目、一貴はスピンしてピケとスーティルに抜かれて19番手に。
19周目、ハミルトンがpit in。ヤルノの前でコースに戻るが抜かれてしまう。クビサもpit in。
20周目、ヤルノ、アロンソ、マッサがpit in。アロンソとマッサはソフトタイヤにスイッチ。
22周目、コバライネンとベッテル、クルサードがpit in。
今回のライブタイミング、ちょっと調子が悪い??
23周目、ライコネンがpit in。4番手でコースに復帰。
各車続々と1回目のpit stopを行う。
27周目、ハミルトンとマッサの差は10秒。

32周目、グロックとベッテルが接戦。
ケロたんがpit in。バトンとケロたんが接戦。ケロたんが前に出る。
ライコネンのタイムモニターも動かない・・・。
35周目、一貴がコースオフするリプレイ。
36周目、ピケがpit in。
グロックがクラッシュ!最終コーナーでリアサス折れてスピン、コース反対側のピットウォールにリアから衝突してマシンがコースを横断・・・。マシンから降りたものの、少し足元がフラついている。。。
ここでSC導入。
バトンがpit in。タイミングが微妙・・・。
38周目、pit lane open。続々とpitに向かう。フェラーリは2台連続でpit in、ハミルトンはpitに入らずそのまま走行を続ける。
pit出口でアロンソがベッテルに押し出されて白線を踏んだリプレイが。
ウェバーのマシンから煙が出ている。
SCが周回遅れのマシンを抜かせていく。
41周目、スーティルと一貴がpit in。
ウェバーがstop。

42周目、SC解除でリスタート。トップはハミルトン、ニック、ピケの順。
43周目、コバライネンがクビサを抜く。
44周目、ライコネンとニコが、ベッテルと争っているアロンソを抜く。
45周目、ライコネンがベッテルを抜き、さらに翌周はヤルノを抜く。
47周目、ニコとアロンソが接戦。
49周目、ライコネンはクビサを追う。

50周目、ケロたんとクルサードが接触してスピン。
ケロたんはフロントウィングを壊してpit in。
ハミルトンがpit in。コバライネンの後ろに戻る。
52周目、ケロたんが再びpit inしてリタイヤ。
ハミルトンがコバライネンをあっさり抜いていく。
53周目、ニックがファステスト更新。
アロンソがニコを抜く。
54周目、ニックがpit in。4番手で復帰。ピケがラップリーダーに。
56周目、マッサはハミルトンに毎周1秒ずつ接近され、サイドbyサイドの末、抜かれる。
ニックが3番手のマッサを追う。
59周目、アロンソがスピンしてニコに抜かれるリプレイ。
ライコネンがクビサを抜く。
60周目、ハミルトンがピケを抜く。
63周目、ヤルノがワイドになってベッテルが抜いていくリプレイが。
65周目、グロックは目に見える怪我はなく、メディカルセンターから病院へ運ばれた模様。

ハミルトンが2連勝、ピケが1stop作戦でなんと2位!マッサはニックを抑えて3位に。

14位のフィジコは、SC先導中のpit作業違反で25秒加算ペナルティを科されて16位に降格。
[PR]
by akaneko-30aug | 2008-09-14 16:01 | F1