だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イギリスGP・決勝

結果はこちら

中嶋悟さん登場。グリッド上で一貴と親子対談、ちょっと恥ずかしそう(苦笑)





路面はウェット、風は強め。
ニコがpitスタートに。
全車スタンダードウェットを装着して水煙をあげながらスタート。
ハミルトンがコバライネンの後ろにつく。
2番手スタートのウェバーはハミルトンとライコネンに抜かれ、さらにスピン。
一貴がコースオフ。マッサがスピン。
クルサードとベッテルが2台シンクロしながらコースアウトでリタイヤ。

ハミルトンがコバライネンの後ろにぴったりとついて行く。
3周目、アロンソがニックを抜く。
最終コーナー手前でマッサがまたスピン。
4周目、アロンソがファステスト更新。
5周目、ハミルトンがコバライネンを抜く。コバライネンはあまりにもあっさりと抜かれすぎ?

9周目、ウェバーがブルデーとスーティルを抜く。
10周目、スピンしたコバライネンがライコネンに抜かれる。
ウェバーがファステスト。
11周目、ピケのチームラジオでは5分以内に雨、の予報が。
12周目、スーティルがコースオフしてリタイヤ。
13周目、ウェバーがケロたんを抜く。
雨が止む。
16周目、ウェバーがバトンを抜く。
17周目、マッサがニコを抜く。
18周目、マッサがフィジコを抜く。
19周目、コバライネンがpit in。別のスタンダードウェットに交換。サーモグラフィの映像が斬新。クビサの前でコースに復帰。
20周目、アロンソがpit in。タイヤ交換なし。溝が結構擦り減ってるけど・・・。
ハミルトンとライコネンが同時pit in。ハミルトンはタイヤ交換、ライコネンは交換せず。停止時間が違ったけど順位の変動はなし。
21周目、マッサがpit in。タイヤはそのまま。

また雨が強くなってきた。
22周目、ニックとピケがpit in。2台ともタイヤ交換。
23周目、クビサがpit in。
24周目、一貴がスピン。
アロンソがグロックに抜かれる。
26周目、ケロたんがウェバーを抜く。
ライコネンのペースが上がらない。後ろのコバライネンが近づいてくる。
タイヤ交換をしなかったマシンは雨が強くなるにつれて結構辛そう。
タイヤ交換したピケがアロンソを抜く。
アロンソがpit in。
27周目、一貴がpit in。
コバライネンがライコネンの直後に迫る。その後ろにはニックも。
28周目、コバライネンがライコネンを抜く隙にニックが2台とも抜いていく。
フィジコがコースアウトしてリタイヤ。
マッサに抜かれた一貴がマッサを抜き返す。
クビサがピケを抜く。
30周目、ライコネンはクビサにあっさり抜かれてpit in、タイヤ交換。

雨がさらに強くなってきた。
クビサがコバライネンを抜く。
34周目、コバライネンがpit in。タイヤ交換してバトンの前に戻る。
グロックがスピン。
クビサがコースオフ。
35周目、バトンがpit in。エクストリームウェットに交換。ケロたんもバトンの後ろで待機中。
ピケがスピンしてコースアウト、リタイヤ。
ウィリアムズ2台も同時pit inでエクストリームに交換。
37周目、クビサがコースオフ。
マッサもスピンしてコースオフ。その後ろをウサギ(?)が横切っていく!
ハミルトンもコースオフ。ライコネンもコースオフ。
スピンやコースオフするマシンが続出。エクストリームを装着したバトンはスイスイ走る。
38周目、ハミルトンがpit in。雨が止み始めてるからか、エクストリームではなく、新しいスタンダードに交換。
ニックとクビサがpit in。新しいスタンダードに交換。
39周目、ライコネンがスピン。
41周目、クビサがスピンしてコースアウト、リタイヤ。
ニコがグロックに追突してフロントウィングを破損。ウィングの破片が右フロントタイヤにくっついたままpit in、ノーズ交換し、スタンダードウェットに戻す。
またウサギがコースを横断。中嶋さん、「ウサギも忙しいねぇ」と(笑)
42周目、ケロたんが3番手に。
44周目、ケロたんがニックを抜いて2番手に。
グロックがスピン。

少し青空が出てきた。
46周目、2番手のケロたんがpit in。スタンダードウェットに戻す。
47周目、トゥルーリがpit in。マッサがスピン。
50周目、コバライネンがスピンして、アロンソとライコネンに抜かれる。
マッサがまたスピン。本当に雨のレースは苦手だなぁ・・・。
51周目、マッサがpit in。
54周目、ライコネンがアロンソを抜く。
残り6周、コバライネンがアロンソを追う。何度も仕掛けるが抜けず。
一貴とトゥルーリもその後ろから追いかける。
残り2周、コバライネンがようやくアロンソを抜く。
ハミルトンは早くもクルージング。
一貴がアロンソの直後にぴったり寄せる。しかしトゥルーリにも寄せられている。

ハミルトンが母国GP初優勝。ニックが2位、ケロたんが久々の3位。
一貴は最後の最後にトゥルーリに抜かれて8位に。

完走13台、ハミルトン、マッサ、ライコネンの3人が同ポイントに。
[PR]
by akaneko-30aug | 2008-09-06 21:46 | F1