だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カナダGP・決勝

放送は結構前に見たけど、ようやく観戦記をUPできました(汗)

結果はこちら

今回は路面が剥がれるというトラブルが。。。



ベッテルとバトンがpitスタート。
ブルデーはギアボックス交換のペナルティで最後尾へ。

マッサとアロンソがside by sideになってアロンソが前に。
一貴が10番手に。
一貴がウェバーに追われる。

5周目、ニックがケロたんを抜く。その後ろを一貴が追う。8~11番手は接近戦。
9周目、アロンソとマッサの差が0.4秒。
ピケがグロックを抜く。
12周目、ピケとトゥルーリの差は0.3秒。
一貴とケロたんの差がなかなか縮まらない。ケロたんは体調不良らしい。
ピケがトゥルーリを抜く。タイヤ同士が接触。
ニックがコバライネンに仕掛ける。
14周目、スーティルがstop。マシンから火が。
クビサとライコネンの差が0.7秒。
16周目、SC導入。
ピットレーンのopen前にバトンがpit in。
openと同時に上位7台が続々とpit in。ハミルトンは作業に時間が掛かった模様。
pit出口の信号が赤なのでライコネンとクビサが待っている・・・と思った矢先、ハミルトンがライコネンに追突!!その後ろにニコも追突!
ニコはフロントウィングを壊しながらも走り出す。
ライコネンとハミルトンはマシンを降りる。
再度ニコがpit in。フロントノーズ交換。
トップはニック、ケロたん、一貴のpit inしていない3人。
20周目、SC解除。
マッサが再度pit in。給油を行う。

一貴がウェバーに追われる。
26周目、ニックとケロたんの差が広がる。ケロたんからクルサードまで列ができている。
最終コーナーでピケがスピン。
29周目、ニックがpit in。クビサの前でコース復帰。
No.1、7、22が審議対象に。
ウェバーがpit in。
ケロたんがlapリーダー、一貴が2番手に。2人の差は0.7秒。
30周目、クビサがニックを抜く。後ろからアロンソがニックを狙う。
33周目、一貴がpit in。
マッサがウェバーを抜こうとするが、オーバーラン。
フィジコはコンクリートウォールにタイヤを接触させる。

36周目、ケロたんがpit in。
一貴がマッサに追われる。
37周目、クルサードとベッテルがpit in。
トヨタの2台はまだpit inせず。
一貴がマッサに抜かれる。
39周目、トゥルーリがpit in。
41周目、ピケがガレージへ。
42周目、グロックがpit in。
アロンソはニックを抜こうとしてミス。
アロンソがスピンして壁にhit。

47周目、一貴がバトンと接触してフロントウィングを壊す。
pitロードに入るときに、ウィングが左フロントタイヤの下に入り込んでコントロールできずに壁にhit・・・。
49周目、クビサがpit in。1stop作戦のニックの前に出る。
51周目、ケロたんがコバライネンとマッサに抜かれる。
52周目、フィジコがスピンして壁にhit。
マッサとコバライネンがpit in。

57周目、ウェバーがバトンを抜く。
59周目、ケロたんはコースオフでポジションを落とす。
61周目、マッサがケロたんを抜く。

64周目、ベッテルがケロたんを追う。その後ろからコバライネンも追う。(7~9位争い)
マッサがトゥルーリを追う。
残り4周、ベッテルがコバライネンを抑える。
残り3周、マッサがトゥルーリを抜き、前のグロックを追う。
ファイナルラップ、バトンがウェバーを抜く。

クビサが去年の大クラッシュの地で初優勝っ!!ポイントランキングtopに。
ニックが2位で初のBMW1-2フィニッシュ。でもニックの表情は複雑そう・・・。
クルサードが久々の表彰台。
グロックはマッサを抑えて4位に。

ハミルトンとニコは次戦(フランスGP)で10グリッド降格のペナルティを受けることに。
[PR]
by akaneko-30aug | 2008-09-06 21:21 | F1