だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スペインGP・決勝

GP2で小林可夢偉が優勝したそうです。アジアシリーズの優勝といい、彼は期待できる人物なのでしょうかね。

今回はSAF1が出走できるだけで幸せなGPでした(苦笑)
結果はこちら






地上波のオープニング、琢磨の出番(?)が増えて良かった☆(一貴もよく映ってるけど)

全車ソフトタイヤを装着してスタート。
2番手スタートのアロンソがマッサに抜かれて3番手に、クビサはハミルトンに抜かれて5番手に落ちる。
スーティルとベッテルが接触。琢磨も少しダメージを負ったような気が・・・。
マシン撤去のためにSC導入。
3周目、SC解除。
5周目、ピケがコースオフして順位を落とす。
6周目、ミハエルが久々に登場・・・ってことはライコネンが勝てないジンクスが。。。
8周目、ピケがブルデーと接触し、ピケはstop、ブルデーはpit inするもリタイヤ。
アンソニーがpit in。そのままガレージへ。

16周目、アロンソがpit in。予選はやっぱり燃料少なめだったのね。
長めのstopで、3stop作戦なのか変則2stopなのかわからん。11番手でコースに復帰。
19周目、マッサがpit in。
20周目、ライコネン、琢磨、ハミルトン、クビサがpit in。
ハミルトンとクビサの順位は変わらず。
22周目、コバライネンが9コーナーのタイヤバリアに突き刺さってる映像が・・・!!ひぃぃぃ~っ><マーシャルの手では抜けない・・・。
左フロントからパーツが飛んでノーブレーキで突っ込んでいくリプレイが。。。
SC導入。
24周目、pit lane open前にニックがpit in。燃料がギリギリだったのか?
コバライネンのマシンにブルーシートがかけられた・・・。
26周目、pit outしたばかりのケロたんのフロントウィングが壊れてる(pitレーンでフィジコと接触)。再びpit in。
27周目、コバライネンのマシンが吊られ、サムアップして無事なことを伝えながら担架で運ばれる映像が。これで少し安心。
琢磨は現在11番手。一貴の後ろ。
29周目、レース再開。ライコネンの加速が良かった。
31周目、ニックに10秒stop&goペナルティが提示される。

35周目、アロンソがエンジンブローでstop。後部から炎が見えるのに、全然慌てる様子もなく・・・。
37周目、ケロたんもガレージへ。
琢磨は現在9番手!
38周目、琢磨がpit in。15秒もかかったということは、このまま最後まで走りきるのか??14番手で戻る。
42周目、ニコがホームストレート上でエンジンブロー。

47周目、マッサがpit in。7秒と早いstop。ウェーバーとトゥルーリもpit in。
48周目、ライコネン、ハミルトン、クビサがpit in。ライコネンはマッサに抜かれることなくコースに復帰。ハミルトンとクビサの順位も変わらず。
一貴が5番手を走行。

52周目、一貴、グロックがpit in。
ニックがフィジコを追う。
54周目、グロックがクルサードと接触してフロントウィングを破損してpit in。
クルサードは左リアタイヤがホイールから外れてpit in。
バトンがpit in。pit stopのタイミングで一貴を抜く。
55周目、ようやくニックがフィジコを抜いて一気に引き離していく。
60周目、琢磨がクルサードを抑えて走る映像が。
ラップタイムが全然違うクルサードに3周粘ったけどとうとう抜かれた・・・。でもハラハラドキドキ興奮しました。


ライコネンが優勝、マッサが2位で1-2フィニッシュ。ハミルトン3位、クビサ4位、ウェーバーがなんと5位、バトンが6位でようやく初ポイント、一貴が7位入賞、琢磨が13位完走。
バルセロナでこんなに完走台数が少ないのも珍しいような・・・。

コバライネンは怪我もなく無事とのこと。去年のクビサのクラッシュといい、F1の安全性はすごいのね。
後で画像を見て気付いたけど、琢磨のマシン、フロントノーズにぽっかりと穴が開いてました。そのまま走りきったのね。。。
それと、久々に琢磨のレース後インタビューが流れました。なんか安心。
ライコネン、髪型変えたのね。坊主やし、M字やし・・・。
[PR]
by akaneko-30aug | 2008-05-05 22:16 | F1