だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バーレーンGP・決勝

地上波の放送時間に観戦できないので録画して、次の休みの日に見ています。つまり見るのは1週間後になってしまうのです(汗)

結果はこちら





スタート時はほとんどのマシンがソフト側のタイヤを装着。
フォーメーションラップでピケが2ndギアの異常を訴えている。

ハミルトンがスタート失敗して10番手に後退。PPのクビサはマッサにかわされる。
琢磨は17番手までジャンプアップ。
ベッテルがstop。
ニックがトゥルーリを抜く。
バトンとスーティルがpit in。
ハミルトンがアロンソの後ろから接触してフロントウィングを落とす。
オイルがコースに落ちている模様。
2周目、ライコネンがクビサを抜く。
3周目、ハミルトンとパンクしたクルサードがpit in。
ニックがコバライネンを抜く。
5周目、一貴がアンソニーを抜き、琢磨の後ろに。
8周目、一貴が琢磨を抜く。
グロックがアロンソを追いかける。

11周目、琢磨は前の一貴と3秒差、後ろのアンソニーと0.9秒差。
ハミルトンが徐々に近づいてくる。
ニコはトゥルーリを追いかけ続けている。
ようやくピケがブルデーを抜く。
12周目、琢磨とアンソニーが37秒台に。着実にタイムを更新。
14周目、アンソニーとハミルトンの差が10秒を切る。

18周目、クビサ、ニコ、ピケがpit in。
19周目、アンソニーとハミルトンの差が5秒を切る。
バトンとクルサードが接触、フロントウィングを失ったバトンがpit in。
20周目、ライコネンがpit in。
21周目、トゥルーリ、アロンソ、バトンがpit in。バトンはガレージへ。
22周目、マッサをはじめ続々と各車pit in。
23周目、琢磨と後ろのハミルトンの差が0.8秒。
24周目、琢磨がハミルトンに抜かれる。
25周目、グロックがpit in。アロンソの前でコースに戻る。
26周目、琢磨がpit in。ブルデーの後ろ、アンソニーの前に戻る。
29周目、琢磨が36秒台に。
ハミルトンがフィジコを追う。

32周目、ハミルトンがフィジコを抜く。
ハミルトンがpit in。
33周目、一貴がpit in。ハードからソフトに交換。1ストップ作戦?
フェラーリ2台が後ろを引き離す。
36周目、ピケがpit in。
グロックをアロンソが追い続けている。
ピケがコースオフしてスローダウン。

39周目、ライコネン、スーティル、ブルデーがpit in。
40周目、マッサ、ニコがpit in。
42周目、クビサ、ピケがpit in。ピケはそのままガレージへ。(ギアボックストラブル)
各マシン、2回目のpit inが始まる。
45周目、ニックがpit in。クビサの前には出れず。
46周目、琢磨がpit in。タイムロスしてアンソニーと順位が入れ替わる。
48周目、コバライネンがpit in。
51周目、ケロたんがアロンソを追う。
53周目、ハミルトンが一貴を抜く。
56周目、琢磨とアンソニーが35秒台に。

マッサが今季初優勝、ライコネンが2位、PPだったクビサが3位。
アロンソが10位、ハミルトンは13位に終わる。
一貴は14位、琢磨は17位完走。
コンストラクターズランキングはBMWがトップに。

これでフライアウェイ3戦が終了。いよいよヨーロッパラウンドがはじまりますね!
[PR]
by akaneko-30aug | 2008-04-13 21:38 | F1