だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

マレーシアGP・決勝

先ほどようやく録画してた放送を見ました。

とりあえず結果はこちらから。


ちなみに、前座レースのGP2アジアシリーズで小林可夢偉が日本人初優勝を飾りました。
トヨタの育成プログラムはなかなか成功してますねぇ。



土曜の予選で、マクラーレン2台がニックの走行を妨害したとしてそれぞれ5グリッド降格に。
前戦のペナルティにより、一貴は10グリッド降格で最後尾に。

風向きがころころ変わるのでいつ雨が降ってもいい状態。
グリッド上でピケが頭の上に氷の入ったビニール袋をのせる姿が可愛かった(笑)

混乱もなくスタート。トゥルーリが順位を落とす。
ブルデーがコースオフしてリタイヤ。
ニコとグロックが接触して、グロックはスピン。ニコはフロントウィングを落とす。
一貴が17番手に上がる。
グロックはpit inしてガレージへ。ニコはフロントノーズを交換。

クルサードとアロンソ、ニックが接近。
4周目、バックストレートで3台が並び、ニックが2台を抜き、その後アロンソがクルサードを抜く。
5周目、一貴が15番手、琢磨が13番手。
スーティルがコースアウトしてstop。
ハミルトン、今回はあんまり調子が上がらない?後ろからトゥルーリが追ってくる。
8周目、一貴がベッテルを抜く。
フェラーリ2台が後続を離していく。
一貴がピケに迫る。

17周目、ウェーバー、一貴、マッサ、ニック、トゥルーリがpit in。
18周目、ファステストを出したライコネンがpit in。マッサの前でコースに戻る。
19周目、琢磨がpit in。
20周目、ハミルトンがpit in。タイヤ交換に時間が掛かってトゥルーリに先行される。

22周目、琢磨がトップを走るクビサに周回遅れにされる。
クビサがpit in。
23周目、アロンソがpit in。
ニコが琢磨を抜く。
フェラーリ2台が後続をさらに引き離していく。

29周目、琢磨がラインを外して滑ってコースオフ。アンソニーに抜かれる。
ニコがフィジコを追う。
30周目、一貴がpit in。直後にニコもpit in。
31周目、マッサがスピンしてグラベル上でstop。
トゥルーリがコバライネンを追う。

37周目、琢磨がpit in。
38周目、ライコネンがpit in。
ハミルトンはウェーバーをなかなか抜けない。

41周目、ベッテルのマシンから白煙が。そのままstop。
42周目、ニックとアロンソがpit in。
43周目、クビサがpit in。
ペースの落ちた一貴が琢磨に抜かれる。

45周目、ハミルトンがpit in。また少しタイムロス。ニックの前に出る。
46周目、コバライネンがpit in。トゥルーリの前に出れず、順位はそのまま。
ケロたんにpitロードの速度違反でドライブスルーペナルティが出される。
ハミルトンが2回目のpit in後からペースが伸びないトゥルーリに追いついてきた。
アロンソが7番手のウェーバーを追いかける。

残り1周、ついにトゥルーリとハミルトンの差が1秒を切る。
バトンがコースオフ。

ライコネンがチェッカーフラッグを受けて優勝。
クビサが2位、コバライネンが3位。4位はハミルトンを抑えたトゥルーリ。アロンソはなんとか8位入賞。
SAF1の2台は15、16位で今季初完走。
一貴は17位完走。どうやらタイヤのパンクやスピンのせいで順位を落としたらしい。
[PR]
by akaneko-30aug | 2008-04-05 19:46 | F1