だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日本GP・決勝

雨です・・・。富士はとことん雨と霧に好かれてますね。。。
旅行中のためにライブタイミング観戦すらできず、地上波の放送だけが頼りだったのに、イマイチレースの展開が分からなかった(汗)

とりあえず結果はこちら





グランドスタンドに横断幕がないからめっちゃ殺風景や・・・。

ニコがエンジン交換で10グリッド降格して16番手スタート、リウッツィはスペアカーに乗り換えてピットスタートに。

SC先導でレーススタート。
全車エクストリームウェット装着義務のはずがフェラーリだけスタンダードウェットを履いている。事前連絡に気付いてなかった??
3周目、マッサがpit inしてエクストリームウェットに交換、翌周にライコネンも交換。最後尾に落ちる。

オンボード映像を見る限り、ウォータースクリーンで前の車が全然見えないんですけど・・・(怖)

レース中に亜久里さんがコメントしてる。こんな状況(SC先導中)だからできるんだろうね・・・。

12周目、リウッツィがpit in。
トゥルーリがスピンして17番手に落ちる。
14周目、左近がpit in。
15周目、ライコネンがpit in。給油のみ。
雨脚が少し弱くなってきた。
17周目、マッサ、ブルツがpit in。
マッサにドライブスルーペナルティが課される。(スピンした後にニックを抜いたため)
19周目、ケロたん、琢磨、トゥルーリがpit in。

SCのランプが消え、ハミルトンが大きく減速してアロンソに仕掛ける。
20周目、ようやくスタート。
ニックとバトンが接触してバトンのフロントウィングが外れる。
ブルツがスピンしてマッサと接触。ブルツはリタイヤ。
21周目、マッサがペナルティを受ける。
22周目、琢磨のフロントウィングが壊れてる!(ブルツと接触?)
23周目、琢磨がpit in。時間が掛かった上に給油口から炎が出た!
24周目、バトンがpit in。
ライコネンがラルフを抜いて11番手に。

28周目、アロンソがpit in。
ライコネンがスーティルを抜く。
29周目、ハミルトンがpit in。琢磨の後ろに戻る。ベッテルがラップリーダーに!
アロンソがコースオフして8番手に落ちる。
30周目、フィジコがコバライネンとクビサに抜かれる。マッサがコースオフ。
クビサがコバライネンを抜く。
33周目、ベッテルがpit in。
よく見るとレッドブルのリアウィング横にセブンイレブンのロゴが。日本GP限定?
34周目、ニックがアロンソを抜く。
35周目、ハミルトンとクビサが接触して2台ともスピン。クビサが前に出る。
36周目、ベッテルがアロンソと接触、アロンソが単独スピン。ライコネンが前に出る。
ニックがpit in。
ハミルトンがフィジコとクルサードに抜かれる。
38周目、ウェバー、クビサがpit in。
1コーナーでバトンがトゥルーリを抜く。
アロンソ車のエンジン右横のパーツが壊れている映像が。
41周目、ライコネンが3回目のpit in。
クビサがドライブスルーペナルティ。(ハミルトンとの接触に対するペナルティ)
左近がスピン。

44周目、ヘアピンでアロンソがウォールにクラッシュ!!コース上にマシンがストップ。パーツも飛び散ってSC導入。
チャンピオン争いにはかなり痛いリタイヤ。。。
45周目、リウッツィ、スーティル、琢磨がpit in。
46周目、2番手を走行していたウェバーに3番手のベッテルが追突。
ウェバーはstop、ステアリングを投げる姿が。
ベッテルはマシンにダメージを受けながらpitに戻ってリタイヤ。
(この接触は、ハミルトンの度重なる急減速の煽りを受けて起こった模様)

48周目、レース再開。
ラルフがpit in。
ニコがコースアウト。ペースが上がらない。
左近がスーティルに抜かれる。
50周目、ニコがpit in。
リウッツィがスピン。スーティルに抜かれる。
54周目、ラルフがpit inしてガレージへ。
アンソニーがホームストレート上でコース脇にstop。
100Rでライコネンがアウト側からクルサードを抜く。
左近がpit in。
58周目、3番手のマッサがpit in。

2時間ルールが適用される模様。
ライコネンが2番手のコバライネンに近づく。
61周目、ケロたんがpit in。
ライコネンがコースオフ。
62周目、トゥルーリがpit in。
ライコネンは100Rをアウト一杯に走るみたい。他のドライバーはイン側を通るけど。
64周目、ラルフがコースに復帰。
66周目、リウッツィがスーティルを抜く。
ラルフがpit in。ニックがpit出口でstop(14位完走扱い)。

ファイナルラップでもコバライネンとライコネンのバトルは続く。
ハミルトンがポール・トゥ・ウィンで大波乱のレースを制して4勝目。

マッサとクビサも最後までバトルが続く。接触しながらクロスラインで攻めたりコースオフしながら最後はマッサが前に出てチェッカーを受ける。
バトンが琢磨と接触してstop(11位完走扱い)。

リウッツィは黄旗中にスーティルを追い越したとして、25秒加算ペナルティを受けて8位から9位に落ちる。スーティルが繰り上がって8位入賞。

琢磨はなんとか15位完走。国際映像にほとんど映らなかったね・・・。厳しい母国GPでした。。。
[PR]
by akaneko-30aug | 2007-10-16 20:09 | F1