だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イタリアGP・決勝

またしても地上波の始まりはキムタクでした・・・。日本GPもあと少しですねぇ・・・。

土曜のライコネンのクラッシュ、後々に何も影響がなければいいのですが。。。

結果はこちら







マクラーレン2台とマッサはハードタイヤ、5番手スタートのライコネンはソフトタイヤを装着。
フォーメーションラップが終わってシグナルが消えるのを待つ間、奇数グリッド後方でうっすら煙が。
どうやら琢磨車のフロントブレーキが過熱して煙と火が出たらしい(怖)

ハミルトンはスタート後マッサとの順位争いで第2シケインをショートカット。ペナルティ出ないの?
ライコネンは4番手に上がる。
アンソニーと接触したベッテルがpit in。
琢磨が20番手に落ちる。(ブレーキトラブルのため)
2周目、クルサードのフロントウィングが走行中に破損し、コントロールを失ってクラッシュ。
SC出動。

7周目、SC解除でレース再開。
アンソニーとフィジコがバトル中。
8周目、アンソニーがフィジコを抜く!

10周目、マッサがpit in。タイミング早すぎる気が・・・。
コースアウト、スピードダウンの末、pit inしてガレージへ。フェラーリの聖地でこんな事態に。。。

12周目、琢磨が左近を抜く。
バトンとニコがバトルを演じる。
14周目、7番手のバトンから隊列ができてる。

18周目、ハミルトンがpit in。
20周目、アンソニーが25秒台に。
アロンソがpit in。2ストップ作戦のマシンのpit stopが始まる。
21周目、琢磨も25秒台に。
バトンがニコに抜かれる。

24周目、クビサがpit in。前のジャッキがうまく上がらずタイムロス。
25周目、ライコネンがpit in。ハードタイヤに交換。停止時間が長かったので1ストップ作戦?
琢磨は前のリウッツィに離されはじめ、後ろのベッテルに徐々に近づかれている。
27周目、フィジコがアンソニーを抜く。

31周目、ニコとトゥルーリがpit in。1ストップ作戦のマシンのpit stopが始まる。
35周目に琢磨が、36周目にアンソニーがpit in。

41周目、ハミルトンがpit in。ソフトに交換。
pit出口でライコネンに抜かれる。
43周目、ソフトタイヤの利点を生かしてハミルトンがライコネンを抜き返す。
44周目、アロンソがpit in。
クビサがニコを抜く。

51周目、琢磨が24秒台に!前のラルフと3秒差、後ろのリウッツィと4.4秒差。


アロンソが終始リードしたまま優勝。モンツァでは初優勝らしい。
ハミルトンも2位でマクラーレンが1-2。2人の差が3ポイントに縮まる。
ライコネンは1ストップ作戦も虚しく3位。でも土曜の大クラッシュによる首の痛さと戦いながらのレースで、すばらしい結果だと思う。
アンソニーは14位、琢磨は16位完走。
アンソニーはフィジコとのバトルがワクワクしたし、琢磨はS1のタイムは伸びなかったものの、終盤のペースは良かった。
バトンは8位で久々のポイントゲット。ケロたんも10位完走でホンダの調子も上がってきてるのかな??
[PR]
by akaneko-30aug | 2007-09-15 16:44 | F1