だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ヨーロッパGP・決勝

いやぁ、今回は凄かったですねぇ・・・(汗)
あんなに急に雨が降ったり止んだりするから、めっちゃ見応えのあるレースでした。
なのに記事のupがこんなに遅くなってしまった・・・ま、いつものことだけど(苦笑)

結果はこちら






前日に大クラッシュを起こしたハミルトンは決勝出場OK。
10番手スタートからどこまで順位を上げることができるか、楽しみです。

フォーメーションラップ直前までは晴れていたのに、雨が所々降り始めている。
フォーメーションラップ後、ヴィンケルホックはpit inしてレインタイヤに交換。
スタート直後の1コーナーでマッサがアロンソの前に出る。
BMW2台が接触してスピン。雨の影響か、接触やコースアウトするマシンが多い。
1周目で琢磨が10番手までUP!
雨が強くなってタイヤ交換するマシンが続々とpitレーンに。
ライコネンはpitレーンに一瞬入ったものの、オーバーランしてpit inできず。

2周目、なんとヴィンケルホックがラップリーダーに!
3周目、琢磨がpit in。
バトンが1コーナーのグラベルでストップ。
そこにハミルトン、スーティル、ニコ、スピードが吸い込まれるようにコースアウトしてくる!駐車場のような光景(苦笑)
アンソニーはアスファルトのランオフエリアで止まったので、すぐに脱出してた。
雨足は強くなるばかり。セイフティカー出動
SCの後ろからリウッツィがスピンして飛んできた。もうすこしでSCに衝突するところで危なかった・・・。

4周目、琢磨が2度目のpit in。エクストリームに交換。
ハミルトンはクレーンで吊られてコースに戻る。どうやらエンジンは動いたままのよう。1周遅れでレースに復帰。
ここで赤旗中断。全車がグリッドに戻る。
さすがにこんな土砂降りじゃレースなんて危険すぎるよね・・・。
1コーナー辺りなんて川ができてるし、普通の乗用車でも走りたくないくらいの雨やし・・・(汗)

約20分の中断の後、ようやくレース再開の様子。
SC先導で2周のフォーメーションラップの後、8周目でローリングスタート。琢磨は13番手でスタート。
1周遅れのハミルトンがSCを追い抜いて遅れを取り戻し、pit inしてなんとドライタイヤに交換。他のマシンはまだレインタイヤなのに・・・。賭けに出たね~。

9周目、ハミルトンは再度周回遅れに。ドライタイヤはまだ早かったみたい。
10周目、琢磨がニックに抜かれる。
レッドブル2台が3、4番手に。
12周目、ハミルトンがファステストを出す。
ライコネンを皮切りにハミルトン以外の全車がドライタイヤに交換。

15周目、ヴィンケルホックがstop。
16周目、7番手のクルサードから列ができている。琢磨はケロたんの直後に。
コバライネンがブルツを抜く。

20周目、ニックと接触したラルフがstop。
21周目、琢磨がS2でstop。マシンから降りた映像のみ・・・。ハイドロリック系のトラブルらしい。惜しい。。。

ハミルトンが最後尾ながらもファステストを更新。
27周目、11番手のケロたんが前のフィジコから15.2秒も離されている。

34周目、ケロたんとアンソニーが0.7秒差。ずっと抜けそうで抜けない状態・・・。
35周目、ライコネンがスローダウン!ピットロード入り口で力尽きてマーシャルに押されていく・・・。
ニュルブルクリンクとは相性悪すぎ。嗚呼、なんてツイてないんだ。。。

ハミルトンが徐々に順位を上げていく。
39周目、マッサがpit in。トップでコースに戻る。
42周目、ハミルトンがケロたんを抜く。

47周目、ルノーのホイールカバーがメインストレート上に落ちている。
マッサがギリギリのところで避けて通っていった。

アロンソとマッサの差が小さくなってきた。
49周目、10分以内に雨が降るらしい。
黒い雲が見え、観客がレインコートを着始める。
50周目、コバライネンがレインタイヤに交換。ギャンブルに出たね・・・。
雨がコースの一部で降り始める。スタート直後のように一気に土砂降りになるのか??
ブリアトーレが笑ってる。こ、怖いよ・・・(汗)

53周目あたりから続々とpit in。
アロンソとフィジコがピットロードでサイドバイサイド。
マッサとアロンソの差が一気に縮まった。

56周目、ようやくハミルトンがレインタイヤに交換。
アロンソがマッサを抜いた!マッサの右フロントのホイールがアロンソのマシン左側面に接触。

59周目、コースが乾き始めた。
ハミルトンがフィジコを抜いて9番手に。

アロンソがそのまま逃げ切り優勝。
ウェバーは最終シケインで何故か一瞬スローダウンしたものの、後ろのブルツをギリギリ抑えて3位に。
この人は荒れたレースになると、最初に脱落するか、知らないうちに上位に食い込んでくるかのどっちかやなぁ(爆)
クルサードが5位入賞でレッドブルはポイント大量ゲット。
ハミルトンは9位完走、入賞ならず。連続表彰台記録が途切れました。
アンソニーは最後までケロたんを抜けなかったなぁ・・・。
琢磨がリタイヤしてなかったらどの位置に居たんだろうなぁ・・・。

レース後の控え室でアロンソとマッサの舌戦が。しかも喋っていたのはイタリア語だったみたい。
アロンソがマッサに「わざとぶつけたやろ?」と言ったのが原因らしいけど。
記者会見でもマッサは怒りの表情。一応アロンソが謝って話は決着。
[PR]
by akaneko-30aug | 2007-07-29 23:12 | F1