だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オーストラリアGP・決勝

まずはじめに・・・地上波のオープニングに絶句してしまいました・・・(汗)
なんでアニメなんだ??今年一年このオープニングを見なきゃいけないと思うと嗚呼怖ろしい。。。
そういえばスタジオトークが無くなってましたね。

今年のメルボルンはセイフティカーの出動も無く、激しく荒れたレースにはなりませんでしたね。・・・ということで結果はこちら





マッサがエンジン交換で最後尾、アルバースがピットスタートに。

タイヤのルール(レース中に2種類のコンパウンドのタイヤを装着すること)とセイフティカーのルール(SC導入中のピットストップが禁止?)を土曜日にはじめて知りました(汗)

フォーメーションラップが始まると、いよいよ2007年が始まるなぁとゾクゾクと鳥肌が立ちました。

スタートでハミルトンがいきなりアロンソの前に立った!凄い新人や・・・。
琢磨はヤルノを抑えて9番手になったものの、すぐに抜き返された。。。
アンソニーはスタート失敗して21番手に後退(汗)
琢磨のグリッドを探すのが大変!去年は最後尾の右か左かを探せばよかったけど、今回は先頭から順番に数えていかなあかん(笑)

アンソニーがスーティルと接触してマシンがジャンプした!!
ライコネンがファステスト出しまくりで2番手のニックを離していく。10周目で8.1秒も差をつけてる!
琢磨はヤルノから離されていって後ろのコバライネンが近づいてくる・・・。
11周目、アルバースがウォールにヒット。

14周目、ニックがpit in。ソフトからハードタイヤに交換。琢磨、28秒台。
15周目、ケロたんがバトンを抜き、さらに翌周マッサがバトンを抜いていった。バトンは最初からペースが良くないねぇ・・・。

18周目、ライコネンがpit in。ハードタイヤ。どんどんpit stopが続く。
ハミルトンがアロンソの前でコースに戻る。こいつはホンマに凄いね・・・。
24周目、琢磨がpit in。コースに戻るタイミングが悪く、後退。。。
26周目、琢磨15番手、アンソニー18番手。
29周目、マッサがpit in。1ストップ作戦かな?

2スティント目はみんなタイムが伸びてない気がする。緑のベスト表示が少ない。

31周目、バトンがピットレーン速度違反でドライブスルーペナルティ。スピードがS3でストップ。
36周目、12番手の琢磨が周回遅れに。
37周目、クビサがスローダウンしてガレージへ。
38周目、久々にライコネンがファステスト更新。ニックが2度目のpit in。
40周目、コバライネンがスピン。
41周目、ライコネンがpit in。続々とpit inが続く。
42周目、琢磨がpit in。ちょっと時間が掛かったような・・・。ケロたんに抜かれた。
44周目、アロンソがpit outしてハミルトンの前に!

50周目、ブルツとクルサードが接触!クルサードのマシンがブルツのマシンの上を横切る!!オンボード映像を見ると、ブルツのステアリングがクルサードのマシンと接触寸前・・・()クルサードはその場でリタイヤ、ブルツは走り続けるもリタイヤ。

フィジコとマッサの5位争いが延々と映されてる。その裏で琢磨はケロたんに少しずつ離されていく。。。

ライコネンが移籍後開幕戦でいきなり優勝!2位はアロンソ、3位にはハミルトン!デビュー戦でいきなり表彰台って凄すぎる・・・。

琢磨は12位、アンソニー(背中の痛みは大丈夫かなぁ?)は16位でトラブルを抱えながらも2台揃って完走。スターティンググリッドから順位は落ちたけど、去年とは見違えるほどの結果で、嬉しくてが出ました。
去年のTCMでブラジルGPの10位から2007年はスタートしたい、って言ってたことがホンマに実現しましたね。

決勝を見て思ったけど、今年はピット戦略が課題かな?今回もタイミング悪くて順位落としちゃったし。


最後に。
ホンダはどないしたもんか・・・。
[PR]
by akaneko-30aug | 2007-03-22 00:51 | F1