だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今年も行ってきましたTCM2006 in 大阪(・ω・)/  その壱

はじめに…
当日は風邪が治りきっていなくて意識がぼーっとしていて、何を話していたか思い出せない部分があるので、思い出したら追記しますφ(.. )


今回は整理番号が140番台だったので前の方に座れるかなぁと期待していたけど、会場のリサイタルホールは結構狭くて、中央を横切る通路のすぐ前の席にしか座れず。それでもなんとかステージ中央の席に陣取ると、私の前に座ってる人が去年隣に座ってた人ということに気が付いて、1年振りの再会を喜んでました。
これってすごい偶然ですよね~!…と、話に花が咲いたところで司会の人が登場。司会者の合図の後にエンジン音が鳴り響くと、中央の通路の左端(会場入口)にライトが当たり、琢磨登場!舞台袖から現れると思ってたからみんなビックリしまくり。そのまま通路を歩いてきたので、これは触っておかなければ!と言わんばかりにみんなが手を出してたので、私もちゃっかり左手をタッチ(ほとんど握手状態)しました。通路の前に座ってて良かった~o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪
で、かなりもみくちゃにされながらもステージにたどり着き、トーク開始。
f0037016_1334925.jpg






☆まずは今シーズンの振り返り。
昨シーズン終了後のホンダ内でのいろいろな変化(木内さんがF1の現場から離れたことなど)に煽られたことが、シャシーのベースがアロウズになった一因だそうです。
SA05の元になったアロウズのシャシーが、旧ミナルディから買い戻したマシンと、メルボルンの空港内の免税店に展示されてたのと、ロシアの富豪が所有してたマシン(闇のルートで入手?…笑)も使い、部品をやりくりしながら作ったものだとか。
SA05は、4年前では最先端だったアロウズのカーボン製ギアボックス(これを作った人がBARホンダに来てホンダのギアボックスを作ったらしい)を使うためにホンダエンジンをわざわざ宙に浮かせなくちゃいけなくて、重心が上がってしまって走るとリアがグニャグニャだったようです。
SA06の開発の為に05の開発を止めたときが辛かったらしい。
などなどマシンのことについて話していました。ここらへんの話があんまり記憶にない…
(-.-;)

ブラジルGPの感想は“ヤバかった”の一言に尽きるそうです(爆)
今まではスタートしたら前のマシンからどんどん離されていったのに、全然離されずについていけたので、予定より早めにピットインしたら前車を抜かせると考えて、今年初めてエンジニアに早くピットインしたいと伝えたそうです。
リタイヤするマシンが自分より後ろのマシンばかりで、前のマシンがあと2台リタイヤしたらポイント圏内!と本人も思ったとか(爆)
来年はブラジルGPのような位置からスタートしてシーズンを戦いたい、そう強く語っていました。


☆続いては質問コーナー。(質問の順序はバラバラになってます…思い出した順に書いてます)
毎度おなじみの大谷さんも登場。
GO FOR IT!第5巻の表紙のことで喧嘩してるらしく、2枚のサンプルボードが登場。マシンがガレージから出ていく写真で、2枚とも同じアングルだけど琢磨案はバイザーが下がっていて大谷さん案は上がっているのですが、エンジンかけてマシンを動かすときは危ないのでバイザーは常に下ろしておく、という琢磨のこだわりと、表紙なのに顔が見えないし誰が乗っててもわからんという大谷さんの主張がぶつかっているようです。

・怖いものは?
怪我をするのが怖い。
2002年のオーストリアでニックのマシンが飛んできた(苦笑)話が。気がつけばモノコックが裂けて地面が見えてた、というのは知られた話。
全身を固定するためのエアーコルセットを膨らませている姿が心臓マッサージをしているように見えたらしく、その時のイギリスの放送では“あいつはイイ奴だった”みたいなことを言われたそうです。

・2006年で一番うれしかったことは?
F1のことではブラジルGPの結果。家のことではようやくモナコでちゃんとした生活ができるようになったこと。
段ボールに囲まれた生活から何度か引っ越しを重ねて、ようやく本来の家で生活できるようになったみたいです。

・赤ちゃんは可愛い?
まだ歩けないけど、ハイハイで家中うろちょろしてるらしい。以前は頭を軸に仰向けでぐるぐるドーナツターンをよくしていてハゲる心配をしてたけど、最近はちゃんと髪が伸びてきているそうです(爆)

・ミハエルが引退してドライバーの勢力図が変わると思うけど、自分はどの辺りに位置すると思う?
フェラーリとルノーがトップにくるだろうし、ワークスチームが多数いる中でもその次の中盤グループに位置できるようになりたい、て言ってたかな?そして打倒ホンダレーシング!って言ってたような…(笑)

・(大谷さんから)この野郎!と思うのは?
誰、とは特定はしなかったけど…
ニックは2002年に絡んで今年も(中国で)絡み(?)かけたけど、2002年はクリスマスカードを送ってくれたそう(笑)
ジョーダン時代、ライコネンとの予選での一件では、マクラーレンに話をしに行こうとエディ・ジョーダンは言ったもののついてきてくれず、マネージャーのアンドリューとマシューも来ずに琢磨ひとりでマクラーレンのピットに乗り込んで、状況を説明したらしい。
ウェバーはマシンに乗ってないときは良い奴だし、メディア受けもいいけど、マシンに乗ると怪しい動きをするようです。毒づくというか…。来年はレッドブルに移籍するので絡む機会が多そう…。

・マッサが今年優勝したり、同じ年にデビューしたドライバーの活躍を見て、自分の気持ちをどうして抑えているか?
目の前にある自分の目標をひとつずつ達成させることで…(だったと思う…)


ちょっと長くなりそうなので次に続く・・・。
[PR]
by akaneko-30aug | 2006-11-25 01:37 | F1