だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オーストラリアGP・決勝

はっきり言って、訳がわからんかったのですが・・・。

部屋の北側にあるパソコンでLTを、南側にあるテレビで地上波の放送を、首をクルクル回して見てたし、さらに約10周遅れで地上波が放送されてたので、余計に訳が分からんようになってました。ラスト3周あたりで突然生中継になってビックリしましたが・・・。
あとでもう一度地上波の映像を見直して追記しようと思います。
 →とりあえず結果

今回はちょっと長めの感想文です(笑)
・・・っと、感想を書く前に・・・
琢磨&井出っち、SAF1勢2台揃って完走おめでとう~っ!!!






雨は降ってないようです。気温もあんまり高くなさそう。

フォーメーションラップでいきなりモントーヤがスピン!しかもカメラの目の前で、狙ってたかのように・・・(苦笑)
モントーヤがグリッドに着かないうちにレーススタート・・・と思いきや、フィジコがグリッド上にストップしたままでもう1周フォーメーションラップへ。フィジコはピットから、モントーヤは無事グリッドに並ぶことができ(レギュ違反ではないの?)、スタート!

バトンのスタートがうまくいって、1コーナーはトップで通過できました。予想外・・・(爆)

トゥルーリとクルサードが接触!トゥルーリ、リタイア。

マッサもクラッシュしてリタイア。(リプレイでフィジコが一人でスピンしてた・・・)

あれ?ニコのリアウィングがない!しかもピットに止まってからクルマから飛び降りたよ!微妙に煙が出てるように見えました。これでニコもリタイア。。。

マッサのコメントでは、クリエンがマッサと接触→マッサがスピン→ニコに接触→バリアにどーんとぶつかったようです。

セーフティカーがピットロードに戻ってリスタート・・・バトンが思いっきりアロンソに抜かれた!うーん、やっぱりね・・・。タイヤの温まりが良くないのか、ローリングスタート(普通のスタートも?)が下手なのか・・・。

クリエンもクラッシュ!またSC導入。破片が激しく飛び散ってます。コースマーシャルさん、手で破片を拾うんじゃなく、ホウキ使ってよ・・・(汗)

SC導入中にふと、琢磨の順位を見てないことに気が付いて(バトンの順位を見てたり、アクシデントが多すぎてすっかり忘れてました・・・汗)LTをよく見たら、12位ですよっ!!思わず「はいぃ~っ!??」と叫んでしまいました。井出っちも17位だよ!そういえば、スタートのリプレイで後方のSAF1のクルマが飛び出してきてたなぁ。

2回目のリスタートでバトンがライコネンに抜かれた。うーん。。。どうしたもんでしょうか・・・。ここでバトンを注目するのは止めました。

ミハエル兄さんがリウッツィに抜かれていく・・・タイヤが温まらないのかな?

琢磨はフィジコには抜かれたものの、4台数珠つなぎでケロたん(終始ブレーキに問題を抱えていたらしい)やクルサードを抑えて走ってる!!非力なマシンなのにラップタイムも抜かれない速さで安定しているように見えます。ホンダエンジン同士の戦いですよ!しかもワークスのほうが後ろ!!

多くのチームが1回目のピットストップを行いだして、気が付けばウェーバーがトップに。地元GPだし、いいとこ見せてくれるかな、と思ったらいきなりスローダウン。なんですかねぇ・・・悲しいねぇ~。

琢磨はピットストップ後、特にトップに周回遅れにされはじめた頃からタイムが伸びず・・・。アルバースにも抜かれてしまったよ・・・。自分の本気の戦いができるのは、トップと同一周回の間だけですね・・・。

うぉぉ~っ!!ミハエル兄さんもクラッシュ!!マシンの破片や土が散らばってる!!LTはピットインの表示だらけ!(ちょっとびっくりした)各チームここぞとばかりにピットに。

ライコネンがノーズ交換してる。何かトラブルあった?その作業中にモントーヤもピットに。あぁ、かぶっちゃったよ・・・。
ライコネンのコメントによると、バトンを抜いたときに右フロントタイヤにフラット・スポットができて振動するようになり、それでもアロンソについてくことができたが突然フロントウィングの右側のフットプレートが振動のために破損し、その結果、ひどいアンダーステアになりアロンソにかなり遅れをとってしまったそうです。

周回遅れが出てきてからのSC導入は大波乱を巻き起こしますね・・・。LTじゃ分からんかったけど、映像見たらリスタートで速いクルマと遅いクルマが混在して危ない危ない・・・。大混乱やー、と思った矢先にまたSC導入!・・・これで4回目??今度はリウッツィがクラッシュ!もう、訳が分からんです(汗)

知らないうちにモンテイロがリタイア。今年も連続完走記録を伸ばしてほしかったんやけどなぁ。
そして、地上波では編集されてしまったけどモントーヤもリタイア。

いきなり映像がラスト3周になってびっくりしてる間にバトンとフィジコが接近戦をしてる! その前に琢磨が走ってる!ラインを譲らなあかんけど、譲りにくそうな場所やし・・・。こっそり、2台を抑えて走ってるように見えました(笑)

アロンソがフィニッシュ!!ライコネンがファステストを出して2位!(序盤にモントーヤとやりあったり、バトンをオーバーテイクしたことしか見てなかった・・・)ラルフが3位でニックが4位!(今回全くチェックしてませんでした・・・汗)5位争いをしていたバトンとフィジコが最終コーナーに・・・と、ここでバトンのエンジンから白煙が・・・うわぁーっエンジンから火噴いたよ~っっ!!コントロールライン目前でストップ。10位(S.スピードのペナルティにより、9位に)完走扱いになりました。あと数メートルやのにー!と思ったけど、コントロールラインを通過してしまうと今回のエンジンは1レース目なので次回は自動的に10グリッド降格に。通過しなければペナルティなし・・・あれ?わざと手前でストップした?

あれれぇ~??琢磨は最後、チェッカー受けずにピットに入ったの?ま、それはいいとして、2周遅れの12位完走です!
琢磨のコメントによると、左フロント・ホイールにトラブル(バイブレーション)が発生して、レース終盤にピットイン。次の周回では右フロントにホイール・トラブルが発生して、レースをピットレーンでフィニッシュすることになったそうです。

そしてそして、とうとう井出っちが完走しました!3周遅れの13位!ホンマにホンマにおめでとう~っ!!(涙)終盤はLT見ながら「タイム遅くてもいいから安全運転~!他のマシンと絡まないで~!」と祈ってました。

チェッカー後アロンソは両手をパフパフさせてるけど、これは新たな勝利のパフォーマンス?パルクフェルメに戻ってマシンから降りたらウサギの耳みたいに両手をペコペコさせてます。前回は腰振ってたけど、今年は喜び方が変です(爆)こんな奴が2005年のチャンピオンなのか・・・。

完走13台、4回のSC導入、大波乱のレースが終わりました。気温も上がらずにタイヤが思うように温まらない上に、度重なるSC導入でさらにタイヤに熱が入らない状況だったのではないでしょうか?
はぁ~。。。すっごい疲労感が漂ってます(滝汗)

そういえば、SAF1は土曜日までいくつかトラブルを抱えていたけど、解決したんでしょうか?これと言って決勝レース中にトラブルらしいトラブルもなかったようだし。

トロロッソも結構いいポジションでしたねぇ。リウッツィは残念やったけど。

Formula 1公式サイトを見たら、こんな記事が。
トロロッソのスピードがイエローフラッグ中にクルサードを追い越したために、自身のタイムに25秒加算するペナルティで9位に降格。せっかくの初ポイントやったのに・・・。さらに、暴言を吐いたようで罰金払わされるんだそうです。
琢磨はブルーフラッグを無視したことでスチュワードに警告されたのか・・・。ということは怒られただけでペナルティはなし?


さて。次はサンマリノGP(4月23日決勝)。ヨーロッパラウンドが始まります。各チーム、どんどんテストを行って進化してくるんでしょうねー。SAF1もテストできるんだろうか?ミッドランドに追いつきそうなくらいまで来たのに、これ以上引き離されないだろうか・・・。(井出っちのコメントに「1週間後にバルセロナでテスト」と書かれていたのでちょっと安心。)
[PR]
by akaneko-30aug | 2006-04-03 15:35 | F1