だらだら気の向くままに更新中。


by akaneko-30aug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

マレーシアGP・決勝

土曜日の記事をUPした時点では、サイトによってミハエル兄さんのスターティンググリッドの順番が異なっていたので、暫定にしてましたが、正式なもの(14番手スタート)に変更しておきました。(ラルフは予選後に交換したので最後尾スタートになったそうです。)
エンジン交換のペナルティってよく分からんわぁ・・・(?_?)
さて、今回はライブタイミングで観戦してから地上波で観戦しました。LTを見て、すんごい目が疲れました・・・m(_ _)mでも凄い面白かった!
次回のオーストラリアGPもこんな観戦方法にしようかなぁ。
→ 結果

今回の感想文(笑)はLTと映像で感じたことを混ぜ混ぜにしてまとめてみたんですが、やっぱりグチャグチャです(爆)しかも、地上波の放送は途中でウトウトしてしまったので、曖昧な部分も・・・(汗)
トップ集団はテレビに映るので、LTは琢磨&井出っちの周辺しか見てません。(・・・と思ってたら、国際映像に琢磨のバトルが結構映されてたよ・・・苦笑)
実は何周走るのか確認してなかったのでいつ終わるのか全く分からないまま、LTとにらめっこしてました・・・(汗)





以下、トップ集団の話題は地上波を見たときの感想です。


えーっとぉ・・・観客少ないんですけど・・・(汗)
ところどころ黒~い雨雲が・・・いつ降り出してもおかしくないね・・・。

スタートでアロンソがどーんとアウトから3番手出てきた。
ラルフ、マッサ、ケロたんはスタートでかなりのジャンプアップ。

ライコネンいきなりストップ~!ガーーーーン!!映像では捉えてなかったけど、クリエンと接触したみたい。

クリエンリタイヤ!かと思われたけど修理して出てきた!で、またリタイヤ?かと思われたけどまた復帰・・・わけわからんかった(滝汗)

フィジコは燃料軽めなので、序盤からかなり飛ばしてます。バトンもジリジリ離されていくし。

ルノーは予選時、給油機トラブルでフィジコには少なめ、アロンソには重めの燃料が搭載されたようです。

ぎゃーーっ!!ニコのエンジンが・・・エンジンがぁ~っ(*´Д`)=з

フェラーリのフロントウィングが時々映されてるけど、例のフレキシブルウィング疑惑のため??

フィジコのピットストップって、去年の度重なる事件(笑)のせいで今年もハラハラしながら見てしまいます(汗)

「usedタイヤ&燃料軽め」よりも「newタイヤ&燃料重め」のほうがタイムが良いらしいです。だからピットストップ後にプッシュしろ、という指示が飛ぶんですね。


クルサードもリタイヤ。クルサードはリタイヤしたことさえも触れられず・・・ちょっと可哀想な気が。
ウェバーもリタイヤ。序盤はアロンソを猛追してたのに・・・。

ケロたんはピットロードの速度違反で10秒間のstop and goペナルティ。

井出っちが37周目でストップ~o(T△T=T△T)o
さすがに完走扱いにはならないねぇ・・・悔しいよ~(T_T)(リタイヤの原因は燃料系のトラブル。)

どのチームも左のミラーがガタガタ揺れてない?右も揺れてるけど左のほうが激しい。

あれ?クリエンは結局リタイヤ? →データ収集のために走ってたけど、別のトラブルでリタイヤしたようです。

アロンソの2回目のピットストップ早っ!バトンの前に出た!やっぱりルノーのほうが「上」ってことかな・・・。

スピードもリタイヤ。
ニックもエンジンが・・・。(実況では触れられず)

今回はエンジンブローとバトルがいっぱいでした。
フィジコが優勝、2位アロンソ、3位バトン。
ルノーの1-2フィニッシュは24年振りらしいです。
レース後の会見でのアロンソのコメントで、「チャンピオンシップ」が「チャンピオンチップ」に聞こえてしまって一人で笑ってました。
バトンはバックマーカーに捕まることも多かったし、ピット戦略もうまくいかなかったねぇ。
マッサはミハエル兄さんを抑えて5位フィニッシュ。
トヨタはラルフが8位でギリギリ入賞。


さて、ここから本題、琢磨中継(爆)
琢磨、アルバース、モンテイロが接戦!ラップタイムがほとんど変わらずにコンマ5秒くらいの差で戦ってるよ!
一方、井出っちはタイムが全然伸びない~(> <)
リウッツィが1分40秒を切るタイムで琢磨たちを捕らえようとしてる。
16周目でアルバースに抜かれた(;_;)
タイムが伸びないし、リウッツィがすぐ後ろに・・・
1回目のピットアウト後数周で抜かれたけど、抜き返した! →これが放送された部分。
けど28周目あたりでまた抜かれた・・・
琢磨のタイムが伸びない・・・モンテイロが近づいてくる・・・
セクターごとのタイムを見るとペースがほとんど同じ。
35周あたりで先頭から2周遅れ。
モンテイロの2回目のピットストップ後、ガンガン飛ばしてギャップを広げてほしかったけど、タイムが伸びない。
琢磨のピット後、8秒差で抜かれた。その後、差は広がっていく。
でもラップタイムは安定してる。
琢磨が映る度に「バトルしてるよぉ~!」と感激してました(苦笑)
下位集団って自分たちがバトルしてても、後ろからトップ陣が来たらラインを譲って先に行かせなあかんから、かなり大変そう。
結果は3周遅れの14位完走!!また嬉しくて涙が出てきました…。゜(´Д`)゜。
完走したものの、今回も無線トラブル。さらにドリンクが途中から飲めなかった。体力が消耗されやすいセパンやのに、これはキツイよね・・・(汗)レース後のインタビュー、痩せてるね・・・(苦笑)

それにしても、8台もリタイヤした過酷なレースやったのに、琢磨のクルマはトラブルないし、壊れないね~。去年のBARのマシンよりも頑丈かも(爆)

次回のオーストラリアGPは是非ともSAF1の2台が揃ってチェッカーを受けられますようにっ!(祈)


次回の決勝、地上波は昼1時5分から放送・・・なんでメルボルンだけ昼からなんでしょう?しかも決勝スタートが1時だから、生中継じゃなくて録画しながら追っかけ再生?LT観戦は無理?

余談。
F1キンダーガーデンに琢磨のインタビューが。
ここのインタビューって他のところよりも(私的には)面白いので、結構好きです。
[PR]
by akaneko-30aug | 2006-03-21 17:29 | F1